ボタニカルのオールインワンゲルのメリットとは

日本で人気のボタニカルオールインワンゲルは、有名なネット通販サイトのスキンケア部門でトップに輝いた人気のオールインワンゲルです。
30歳を過ぎたころから、肌が乾燥するようになったと悩む女性が増えています。
加齢やストレスによって、肌が乾燥すると、バリア機能が弱くなってしまい、炎症やかゆみなどの肌トラブルが起こりやすくなります。
そのため、最近は保湿力が高いオールインワンゲルが、様々なメーカーから次々と登場しています。
ボタニカルオールインワンゲルには、自然の恵みを凝縮した植物エキスが、13種類も配合されています。
ボタニカルオールインワンゲルに配合されているメロンプラセンタエキスは、健康や美容に役立つアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富です。
ホルモンのリスクがない植物性のプラセンタが含まれており、透明感のある肌へと導いてくれます。
ボタニカルオールインワンゲルには、話題の成分であるリンゴ果実細胞培養エキスも配合されています。
植物から幹細胞だけを取り出して培養し、増やす技術によって、化粧品への配合が可能となったのです。
肌になじみやすい5つのオイルも、肌を保護します。
昔から、肌を守るために使われてきたホホバオイルやオリーブ果実油は、乾燥肌だけでなく、敏感肌も守ってくれます。
日本で市販されている化粧品の中には、肌に良くない添加物が含まれている製品もあります。
ボタニカルオールインワンゲルは、肌と環境の負担を考えて、6つの無添加を実現しています。