キャッシングの借り入れ限度額とは?

金融機関を利用して借り入れを行う際には、法律や審査によって利用限度額が決められます。法律で定められた総量規制は、消費者金融などのお金を貸す業者に対して、年収の3分の1以上を超えるお金を貸してはいけないという規制です。そのため、消費者金融でキャッシングを利用する時、利用限度額は最大でも年収の3分の1までに制限されます。ですが、貸金業者の中でも消費者金融は総量規制の影響を受けますが、銀行カードローンは対象外となっています。
キャッシングやカードローンでは、お金借りる最高額が数百万円という宣伝文句を謳っている場合がありますが、誰でも最大融資額を借り入れできるわけではありません。利用限度額は、申込者の収入や現在や過去の借り入れ状況などの信用情報を審査した上で判断されます。基本的には年収が高く安定していて、勤続年数が長く正社員であることが求められます。金融機関はきちんと貸したお金を返済できる安定性と信頼性を求めるため、過去に返済の不払いや遅延を起こしていない人は利用限度額が高くなる傾向にあります。
利用限度額はずっと変わらないわけではなく、きちんと返済を続けたり、所得証明書を提出して金融機関と交渉することで増額される場合もあります。確実に返済してくれるという実績を積むと、初回の融資から半年から1年程度で、金融機関から増額の提案がされるのが一般的です。また、電話やインターネットフォームで増額申請を受け付けている業者もいます。